人気の弁当屋さんの新店『ばんざい弁当 京町本店』がオープン(岐阜市)

※掲載情報は2021年4月5日時点のものです。

aun編集室から徒歩数分ということもあり、毎日通う社員もいる『ばんざい弁当』。その新店が岐阜市京町にオープンしたということで、さっそくお邪魔してきました。

独特のカーブが印象的な外観

店の場所は岐阜中央中学校の北側、NHK岐阜放送局や岐阜北税務署などが並ぶ通り沿いにあります。緩やかな曲線を描く独特の外観は、まるでドーナツを4等分したような形でとても印象的。もともと客として『ばんざい弁当』に通っていた岐阜の建築家・武藤圭太郎さんによる設計とのことで、店舗デザインの細部にもこだわりが感じられます。

例えば、入口のドアの取っ手がおにぎりの形になっていたり。

照明が、弁当箱の中でおかずを小分けにする容器の形になっていたり。近年、取材先で店舗デザインを見ることが趣味になってきた私は、こういったユニークな仕掛けを見るだけでテンションが上がります。

広々としたキッチンで手作りされる弁当と惣菜

奥にあるのは広々としたキッチン。「ありがたいことに2016年にオープンした今小町店に多くの方が来てくださるようになりました。ただ、コンパクトな店舗なのでキッチンが狭いのが悩みでした。そんな時、たまたまこの土地を見つけて、広いキッチンのあるお店を新しく作ることを決めました」と店主の藤井さん。

カウンターには、栄養士の資格を持つ藤井さん夫妻が一つひとつ丁寧に手作りした弁当がずらり。主菜に3種類の副菜が付いた弁当が7、8種類ほど日替わりで登場します。この日のラインアップは「さば味噌」、「えびフライ&からあげ」、「かれい煮付」、「チキン南蛮」などどれも気になるものばかり!

さばみそ/160円(税込)

創業50余年の鮮魚店『魚豊』で仕入れた新鮮な魚を使った「さばみそ」などの惣菜も人気。そのほかにも「きんぴらごぼう」、「さつまいものレモン煮」、「本日のサラダ」などバリエーションが豊富。今小町店よりもさらに惣菜の種類が充実しているのが、京町本店の特徴です。ちなみにaun編集室の中では「煮込みハンバーグ」が人気。「あの肉の柔らかさは家庭ではできない」「ジューシーで美味しい!」とスタッフ一同絶賛しています。

さつまいものプリン/各260円(税込)

個人的におすすめなのが自家製プリン。この日は「さつまいものプリン」でしたが、仕入れによってほうじ茶のプリンや豆乳プリンなどが販売される時も。惣菜やスイーツも日によって商品が替わるため、毎日チェックしてもいいですね。

丁寧な仕事が光る美味しいお弁当

かつとじ弁当/560円、さつまいものプリン/260円(すべて税込)

とんかつに目がない私は「かつとじ弁当」をチョイス。お肉は柔らかく、卵はふんわりとしていて大変美味しかったです。おひたしやサラダなどの副菜も充実しており、栄養バランスが気になる人も安心。やさしい味わいに「初心を忘れず、丁寧な仕事を心がけていきたい」と話す藤井さん夫妻の人柄を感じました。

まだまだ食べたいメニューがたくさんあるので、また伺いたいと思います。

 

ばんざい弁当 京町本店の基本情報

住所岐阜市京町2-20
TEL058-262-5673(今小町店)
営業時間11:00~16:00
定休日土曜・日曜・祝日
駐車場1台
Facebook@banzaibento

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号