トマト農園が手がけるカフェ『はしもとパーラー』がアクティブGにオープン

はしもとパーラー_看板各務原市のトマト農園「はしもと農園」が手がける新業態店舗『はしもとパーラー』が、2020年11月13日にオープン!ということで早速お邪魔してきました。

落ち着いた雰囲気でゆったりとした空間

はしもとパーラー_店内お店の場所はJR岐阜駅直結の商業施設「アクティブG」の2F。アクセス抜群なこの場所にお店を出したのは「食事を楽しむだけでなく、文化的な交流が気軽にできる場にしたい」という橋本代表の思いから。ゆくゆくは、音楽やアートなどのイベントも開催されるそう。

はしもとパーラー_店内コンクリートや漆喰のグレーを基調とした空間。木目とアイアンを用いた什器とも雰囲気がマッチしており、スタイリッシュでありながらどこか温かさも感じます。席はゆったりと配置されていて、それぞれのテーブルで落ち着いたひとときが過ごせそうです。

農家がセレクトした旬の野菜が満喫できるランチ

はしもとパーラー_ランチ
あかねのトマトスープセット(トマトスープ、サラダ、パン、ドリンク)/1,600円(税抜)

一緒にお邪魔したカメラマンは、「あかねのトマトスープセット」をオーダー。「あかね」とは、はしもと農園で栽培されたフルーツトマト。爽やかな酸味と豊かな甘みが特長です。このスープには、「あかね」がたっぷりと使われており、濃厚な味わいが堪能できます。

 

ハヤシライス
あかねのハヤシライスセット(ハヤシライス、サラダ、ドリンク)/1,600円(税抜)

僕は「あかねのハヤシライスセット」をオーダー。メインのハヤシライスにも、はしもと農園の「あかね」がたっぷりと使われているそう。良質な素材の味がダイレクトに感じられ、じっくりと煮込まれた牛肉も大変美味しかったです。

サラダセットのサラダには、農家が厳選した時季の野菜がふんだんに使われています。シンプルな味付けで、みずみずしい野菜本来の味わいが感じられます。同行したカメラマンは「最近食べたサラダで一番美味しいですね!」と興奮していました。僕も全くの同意です。

はしもとパーラー_紅茶食後はオリジナルブレンドの紅茶。「ムッシュ」、「マダム」と名付けられた2種類のブレンドがあり、僕は直観で「マダム」をチョイス。程よいコクが感じられ、飲みやすい味わいでした。

カフェタイムのおすすめは旬の果物を使ったフルーツタルト

はしもとパーラー_タルト
いちごのタルト/700円(税抜)

この店でぜひ味わいたいのは、厳選したイチゴを使ったタルト。リンゴや洋梨、モンブランのタルトもあり、テイクアウトすることもできます。美味しそう…。

はしもとパーラー_モンブラン
モンブランタルト/700円(税抜)

しかし、所用を済ませてからテイクアウトしようと再び寄ったところ、すでに売り切れていて購入することができませんでした…!次回は、主に妻の機嫌をとるために早めの時間にお邪魔してゲットしたいと思います。また、フルーツをふんだんに使ったパフェも充実しているそうなので、何回か通って食べ比べしたいです。

ディナータイムも幅広いシチュエーションで利用可

はしもとパーラー_グラスディナータイムはフルーツを使ったカクテルなどもあるそうで、バー的な使い方もできそうでした。JR岐阜駅の改札を降りてすぐということで、待ち合わせにも便利ですね。学校や会社の帰りに友人と集まったり、一人で贅沢なカフェタイムを過ごしたり、ディナーの後の2件目に寄ったり、TPOに合わせて利用してはいかがでしょうか。

 

『はしもとパーラー』の基本情報

住所岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 2F
営業時間11:00~21:00(LO20:30 )
定休日奇数月の第3火曜
Instagram@hashimoto_parlor

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号