一杯ずつコーヒーサイフォンで作る絶品スープ『サイフォンラーメン 大重食堂』(岐阜市)

※掲載情報は2021年4月20日時点のものです。

3月末、金公園近くにオープンした『サイフォンラーメン 大重食堂』。「ワールドラーメングランプリ2017」でグランプリを獲得した福岡の人気ラーメン店が岐阜にもオープンしたということで、伺ってまいりました。

サイフォンでスープを作る一風変わったラーメン

このお店のラーメンの特徴は、なんといってもコーヒーサイフォンで作るスープ!

看板メニュー「純ラーメン七節」でその自慢のスープを堪能できます。“七節”とは、牛・豚・鶏・ふぐ・鰹・真さば・鰯の7種類の節のこと。

ロート部分にこの節を、フラスコにあご(とびうお)と羅臼昆布のだしを入れて火にかけます。節とだしを混ぜて真空状態で煮出してスープを作ります。サイフォン式にすることで、味や香りを逃さず旨みが抽出できるのだそう!

純ラーメン七節/950円 ※大盛+100円、替え玉+150円(すべて税込)

透明のスープが美しい!無添加・無化調にこだわり、さまざまな節を使っているだけあって奥行きのある味わいです。だしの旨みはしっかり感じられながらもあっさり。細めの特製麺にもよく絡みます。

トッピングも絶品。鹿児島産黒豚を塩麴ベースのタレに漬け込んだチャーシューは芳ばしく、大分県産ブランド卵「蘭王」の味玉も濃厚で美味しい!あっという間に食べてしまいました…。

また、純ラーメン七節は、ランチタイムにオーダーすると「柚子明太子ごはん」「梅の実ひじきごはん」「辛子高菜ごはん」のいずれか一つが無料になるサービスも。残ったスープに入れて雑炊のように食べるのがおすすめです。

冷やし純ラーメン七節そうらー麺/950円 ※大盛+100円(すべて税込)

4月末に新しく始まった「冷やし純ラーメン七節そうらー麺」も要チェック!店長が「ラーメンとそうめんの良いとこ取り」と言う通り、のど越しはさっぱりとしていながらラーメンらしい味わいを堪能できる一杯です。

すりごまがたっぷり入ったつゆに麺を浸すと、のりやきくらげなど薬味の風味と食感が絶妙に合わさって、どんどん箸が進みます!完食後、ランチタイムは無料になる大盛をオーダーしなかったことを心より悔やみました…

夜は九州の郷土料理や地酒で一杯

ディナータイム限定の一品メニューもおすすめ。九州の食材を使ったものや郷土料理が多く、なかなか旅行に行けない昨今、現地に行ったような気分が味わえます。僕は下戸なので飲めないのが残念ですが、九州の地酒も充実していました。飲んだ後の〆に食べるラーメンも美味しいんだろうな…

鶏まぶしごはん/1,200円(税込)

鹿児島産の黒さつま鶏とブランド卵「蘭王」を贅沢に使った丼。レアに焼き上げた鶏肉は濃いめの味付けで、ご飯との相性も抜群でした。

ささみのしぎ焼き/780円(税込)

福岡の郷土料理「ささみのしぎ焼き」。これが自分的に大ヒットでした!レアに焼かれたささみとわさび醤油をベースにしたタレが最高に合います。そのほかにも「魚(ぎょ)ロッケ」や「ズリP(砂ずりピーマンの略)」など、メニュー名からして気になるものが多数ありました。

また、この店のオーナーは近くのカフェ&バー「aLFFo」のDJ MOTIVEさんということもあり、オーナー選曲による心地良いBGMが流れています。

店の目印は黄色いだるまのネオンサイン。金公園や柳ケ瀬近辺を散策がてらぜひ足を運んでみてください。

 

サイフォンラーメン大重食堂の基本情報

住所岐阜市八幡町9-3 林ビル1F
営業時間11:30~LO14:00(土日祝はLO15:00)、17:00~LO23:00
定休日火曜
Instagram@oshigeshokudo_gifu

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号