飲食店併設!玉宮町の老舗鮮魚店『食べる水族館 UOGI』(岐阜市)

※掲載情報は2021年2月12日時点のものです。

玉宮町の老舗鮮魚店『食べる水族館 UOGI』では、2020年12月にリニューアルオープンし、店内で飲食ができるようになったそう。ということで、お邪魔してきました。

玉宮町で4代続く老舗鮮魚店

青色の看板が印象的な『食べる水族館 UOGI』。様々な飲食店や高感度なセレクトショップが並ぶ玉宮地区で100年以上続く老舗の鮮魚店です。

入口で出迎えてくれたのは、4代目の内藤彰俊さん。「2020年の春から刺身などのテイクアウトを始めたんですが、『店内でも飲食ができたらいいね』というお客さんの声が多かったんです。それで、2020年の12月に“飲食ができる魚屋”に改装しました。飲食店に魚を卸したり、一般のお客さんにも販売したりといった、従来の魚屋としての商売だけでは難しいとも感じていたので良いきっかけになりました」。

改装して生まれ変わった売り場には、岐阜市の中央卸売市場からだけでなく富山や福岡などから独自ルートで直接仕入れた鮮魚が並びます。「今日は仕入れが少ない日」とのことでしたが、大分の生食用高級牡蠣「くにさきオイスター」や身がプリッとしたタラの白子、生のあおさなどスーパーではほとんど見かけることがない珍しい魚介がたくさん。見ているだけでも何だか楽しくなりました。

店内奥にはカウンター席の飲食スペースがあります。感染症防止対策のためパーテーションで仕切られているのも安心ですね。

パーテーションに貼られたメニューをチェック。どれにしようか決められなかったため、内藤さんにおすすめ聞いたところ「本日の焼魚定食と煮魚定食が人気ですね。ちなみに今日の焼き魚はメダイです」。正直なところメダイがどういう魚か知りませんでしたが、なかなか自宅では食べる機会が無いと思い、「本日の焼魚定食」をオーダー。

本日の焼魚定食/800円(税込)

定食には日替わりのおかずがつきます。この日は、イワシとカキの煮つけ。素材の旨みを生かした味付けが自分好みでした。カキが付くなんて贅沢ですよね。

取材を忘れて箸を進める私。ふっくらとしたメダイの塩焼きも大変美味しかったですが、ご飯と味噌汁も大変美味!「お米は減農薬栽培の契約農家から仕入れていて、炊き加減にもこだわっています。味噌汁はあごだしがベース。味噌は九州で育った妻の影響で自家製麦味噌とセレクトした味噌をブレンドした合わせみそ使ってます。東海地方は赤味噌が一般的なので、新鮮に感じてくれるお客さんが多いですね」と内藤さん。九州地方ならではの甘めの味噌に目がない自分にとっては嬉しい驚きでしたし、ご飯や味噌汁にもこだわる内藤さんの姿勢に感動しました。

店内とオンラインショップで販売するオリジナル商品も

店内の物販スペースには、煮魚や照り焼きにぴったりなオリジナルのタレが販売されていました。お店の味を自宅でも楽しみたいとき、すぐに再現できるのが嬉しいですね。

また、店内にはなぜかキャップもありました。「実は僕の完全な趣味でグッズを作ってるんです(笑)。よかったらオンラインショップをチェックしてください」と内藤さん。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

食べる水族館 魚ぎ(@fishmonger_uogi)がシェアした投稿


インスタグラムには刺身の盛り合わせや海鮮丼などのメニューの紹介のほか、特売情報がアップされています。刺身がミルフィーユのように重なった「おさかなミルフィーユ丼」はなかなかのインパクトがあり、要チェックですね。

内藤さんとの楽しい会話と美味しい料理のおかげでリフレッシュできました。次回はぜひ刺身や海鮮丼もいただきたいと思います。

食べる水族館 UOGIの基本情報

住所岐阜市玉宮町1-13
TEL058-262-5711
営業時間9:00~18:00(水曜は~12:00)
定休日日曜、祝日
WEBhttps://fishmonger-uogi.jimdofree.com/
Instagram@fishmonger_uogi

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号