種類豊富なパンが揃う『うずらベーカリー』(岐阜市)

うずらベーカリーイメージ
※掲載情報は2021年1月22日時点のものです。

JR岐阜駅から南に向かって車で10分。『うずらベーカリー』に行ってきました!

地元に愛されるパン屋を目指す

うずらベーカリー外観

令和2年6月にオープン。大学や会社、工場などが立ち並ぶ東鶉にあります。駐車場も広々!店舗も大きくて入りやすいです。

うずらベーカリーロゴ

店名の「うずら」は地名の「東鶉」から。地元に根付くパン屋にしていきたいとの思いから名付けられたそう。コック帽をかぶったうずらの「うずらちゃん」がかわいい♪

うずらベーカリー内観

店内に入ると、焼きたてのパンの香りに包まれ、幸せな気持ちに…。おいしそうな香りに思わず深呼吸してしまいます。

うずらベーカリーパンたち

店頭には食パンや菓子パンを中心に60~70種類のたくさんのパンが並びます。種類が豊富なので目移りしちゃいます。プリンやフルーツサンドもありますよ!

うずらベーカリー食パン

「鼻に抜ける小麦の香りと甘み、旨みがしっかり感じられることがパンの魅力です」とお話してくれたのは店長の森さん。

森さんは元料理人。料理人時代に偶然口にしたフランスパンと料理のハーモニーに感動。パンの奥深さに魅了されパン職人になることを決意したそう。

うずらベーカリーパンうずらベーカリー

こだわりは「丁寧に美しいパンを作ること」。パン生地の状態が良くないと美しく成型できないそう。

「パン生地は、その日の気温や湿度によって水の配分や捏ね方などを変え、生地の状態を的確に見極めることが大切なんです」と森さん。そうすることで素材の持ち味を最大限に引き出します。

うずらベーカリーカレーパン
鶏ちゃんカレーパン/220円(税抜)

一番人気は、岐阜の郷土料理“鶏ちゃん”を使った「鶏ちゃんカレーパン」。味噌で味付けされた奥美濃古地鶏の鶏ちゃんにスパイシーなカレーを合わせたコクのある一品です。

うずらベーカリーミニパン
少しずついろんなパンが楽しめるミニパン/360円(税抜)

私のおすすめは「ミニパン」。メロンパン、あんぱん、クリームパン、そして小さなうずらちゃんのパン。そのまま一回り小さくなったパンたちは、いろいろ食べてみたいという欲張りな私にぴったり!そしてそのちまっとした可愛らしさに思わずキュンとしてしまいました。

うずらベーカリーうずらちゃん
(左)うずらちゃん/200円(税抜)

普通サイズのうずらちゃんと並べると「ミニパン」のちんまりとした可愛さがわかりますね♪中にはきちんとクリームやあんこが入っている、そのまま小さくなったパンです。

うずらベーカリートートバッグ
オリジナルトートバッグ/600円(税抜)

お店のロゴにもあるうずらちゃんを使ったトートバッグはすでに大人気。これから新しくグッズも販売される予定なのだそう。

私もすっかりうずらちゃんのファンになってしまいました。楽しみにしています!

 

うずらベーカリーの基本情報

住所 岐阜市東鶉1-64
営業時間8:00~18:30(売り切れ次第閉店)
定休日第4月曜日、毎週火曜日(火曜日祝日の場合は営業、代替休有り)
TEL058-213-1070
駐車場20台
Instagram@uzurabakery

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号