キッチンフクイ

カジュアルに楽しむ、ホテル仕込みの本格洋食
「ホテル仕込みの料理」と聞いてどんな想像をするだろうか。多くの食通を唸らせてきた熟練のシェフによる、品位を感じさせる珠玉の一品。そんなイメージが自然と湧き上がってくる。この魔法のフレーズに心が躍らない人はいないだろう。岐阜市加納の住宅街に佇む『キッチンフクイ』は、そんなホテル仕込みの料理をカジュアルに楽しめると評判だ。
キッチンフクイの外観
店を営む福井善朗さんは、柳ケ瀬にある「ホテルグランヴェール岐山」で35年間料理の腕を振るい、多くのスタッフを束ねる総料理長を務めてきた。そして令和元年に独立し、念願叶って自身の店を構えた。約30種類の洋食メニューに加え、季節限定のコース料理も提供する。また、素材本来の味を存分に味わってもらいたいと、自家栽培の無農薬野菜を使用するこだわりようだ。
キッチンフクイの国産牛のビーフカレー&ライス
人気の「国産牛のビーフカレー&ライス」は、王道な欧風カレー。じっくりと煮込んだカレールウは、サラリとしていながらも濃厚な味わいだ。飴色になるまでじっくり炒めたタマネギの甘みと、ほろほろと柔らかくほどける牛肉の旨み、そして複雑なスパイスの香りが見事に調和。口当たりはマイルドだが、後から追いかけてくる程よい辛さが味を引き締める。
キッチンフクイの牛肉ハンバーグ&ライス
日替わりランチのみで提供される牛肉100%のハンバーグも秀逸だ。中心部をほんのりレア状に焼き上げた肉厚なハンバーグは、ふんわりと柔らかく、口に入れた瞬間に肉汁が広がる。トマトの酸味が効いた自家製デミグラスソースとの相性も抜群だ。メニューは他にもグラタンやビーフシチュー、チキンソテーなど、どこか懐かしいベーシックなものが多い。その理由を尋ねてみると、「もともと私がクラシカルな洋食が好きだったから」という答えが返ってきた。
キッチンフクイの店主
福井さんはホテルで小麦粉の炒め方やブイヨンの取り方など、料理の基礎を多く学んだ。経験を積み、総料理長を任されるまでになったが、その責務が日に日に大きなものに。スタッフの管理をはじめ、大人数に対応できるメニューを考えたり、重なる宴席を円滑に回すことに知恵を絞ったりと、管理職としての業務が中心になり、厨房に入って自ら料理をすることが減ってしまったという。
「やっぱり自分が作った料理を人に食べてもらうことが好きなのでしょう。せっかく店で出すなら、私が好きな昔ながらの洋食をお客さんにも食べてもらいたくてね」と、福井さんはにっこり微笑む。
キッチンフクイの内観
『キッチンフクイ』は本格的な洋食が食堂価格で味わえることもあり、ママ友や家族連れ、地元客で連日賑わいを見せている。店内はいつもアットホームな雰囲気に包まれており、これぞ“まちの洋食屋さん”といった趣。そこには高級レストランのような堅苦しさは一切ない。しかし、なぜだろう。美しく盛り付けられた気品漂う一皿がテーブルに運ばれてくると、少し襟を正して向き合いたい気分になるから、なんとも不思議だ。

基本情報

住所 岐阜市加納堀田町1-4
TEL 058-271-3822
営業時間 8:00~18:00
※18:00以降は宴会やパーティー、会議など対応可能
定休日 火曜
駐車場 8台
URL http://j47.jp/fukui/
SNS
掲載した情報は2021年11月22日時点のものです。
SNS SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • HatenaBookmark