御和菓子司

松花堂

しょうかどう
松花堂外観

生菓子ひとつひとつに心を込めて
伊奈波神社の参道沿いに、創業から104年の老舗和菓子屋『松花堂』はある。
松花堂内観
店頭に並ぶのは、6~7種類の色とりどりの美しい生菓子。手土産にはもちろん、各所で開かれる茶会の茶菓子としても選ばれる一級品だ。種類は2週間ごとに変わり、訪れるといつも季節感を感じられる。
松花堂生菓子
2代目の松村知幸さんと娘の百恵さんは、毎朝4時に起床し、あんを炊き始める。最もこだわるのが素材だ。つぶあんには食べ応えのある備中丹波の小豆、こしあんには口どけの良い北海道十勝産の小豆を使用。気温や湿度など、小さな変化によって炊きあがるタイミングが変わるため、長年の勘を頼りに見極めるのが大切だ。
松花堂百恵さん
「また食べたいと思ってもらうために、先代の味を守っていきたい」と百恵さん。今日も二人は真剣なまなざしで、一つ一つ丹精の込もった生菓子を作る。

基本情報

住所 岐阜市松屋町1-5
TEL 058-262-5741
営業時間 9:00~17:00 ※売切れ次第終了
定休日 日曜(祝日は営業)
駐車場 1台
SNS

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号