flamant

フラマン
flamant外観

愛しい雑貨たちとめぐり逢う場所
心躍る雑貨たちが店内に溢れ、にぎやかに客を迎える。いつもにこやかな高橋純子さんが平成20年に始めた『flamant』。
岐阜市長良で11年間店を続けた後、令和元年に川沿いの古い家をセルフリノベーションし、現在の場所でリニューアルオープンした。
マトリョーシカ
大きな棚にはお行儀良く、たくさんのマトリョーシカが並んでいる。「ロシアで製作工場を見学させてもらったら、すべての工程が驚くほど手作業で。だから形も全部違うし、顔や衣装や色合いも違う。そんな風に手仕事で作られるものを、大事にしたいと思うんです」。
マトリョーシカ
開店当初からは少しずつラインアップの比重が変わり、現在の主力はフェアトレード商品とロシア雑貨に。
moilyのカゴ
フェアトレードとは、直訳すると“公平な貿易”。アジアやアフリカ、インドなどの発展途上国で、その土地にもともとある素材や伝統技術を尊重し、デザイン性やクオリティを高めた製品を作る。そして、労働に見合った対価を払うことで生産者や労働者の自立や生活を支える仕組み。「でもね、“フェアトレードだから”じゃなくて、それが純粋に良いもの、使い易いもの、可愛いものだから、誰かに伝えたくなるんですよね」。
第3世界ショップのバッグ
細やかな刺繍を施したクロス、民族衣装の生地を取り入れた服や小物、リピーター続出のチョコレート。どれも心をくすぐるものばかりだ。そこには遠い国の人々へと想いを馳せたくなるような温もりが宿る。「時々、“これ、実際にその動物を見たことのない人が刺繍したんだろうな”って笑っちゃうこともあるけど、百点満点じゃないところも愛しくて。今後の伸びしろにも期待っていうか」。
flamant店内
廉価で大量消費されるものを否定するつもりはない。でも一度ルールを知ると、この値段でいいのかと疑問を抱くものを、誰かに届けたりはできない。「すべてのことには責任と愛がともなうと思うんです」。声高に叫ばず、知らんぷりもしない。さり気なく、自分ができることを、いつくしみながら行う。そんな純子さんが営む雑貨店は、優しい愛に溢れている。

基本情報

住所 岐阜市茜部本郷1-22
TEL 058-216-4884
営業時間 11:00~18:00
定休日 日・月曜
駐車場 5台
URL http://www.mariposa-f.com/
SNS
掲載した情報は2020年8月7日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号