尾州発のアパレルブランド 『FRECKLE』の新店が柳ケ瀬商店街にオープン(岐阜市)

※掲載情報は2022年4月4日時点のものです

2022年3月に柳ケ瀬商店街にオープンしたアパレルブランド 『FRECKLE(フリークル)』のショップにて、オーナーの中村若奈さんに取材しました。

メイドインジャパンのアパレルブランド『FRECKLE』

『FRECKLE』はパタンナー(洋服の型紙をつくる職人)の小野信行さんと、アパレルメーカーに勤務していた中村若奈さんが2008年に一宮で始めたユニセックスのアパレルブランド。シルエットが美しく、どんな服にも合わせやすいシンプルなデザインと、袖を通した時の着心地の良さに定評があります。ブランド設立のきっかけは、二人が長年愛用していた海外ブランドのシャツが廃盤になったこと。それならば自分たちが着たいと思えるものを自分たちで形にしようと一宮にアトリエを構えました。

ブランドのテーマは「毎日着たくなる最高の日常着」。一宮や岐阜などの尾州地域を中心とした日本国内での生産にこだわり、素材の良さを生かした、丈夫で長く使えるモノづくりを続けています。ブランド名の『FRECKLE』は、自由なモノづくりなどの想いを込められた造語とのこと。

生地の選定から最終工程まで携わるモノづくり

『FRECKLE』のモノづくりの特徴は、職人と直接コミュニケーションをとって細部を調整しながら、理想のフィット感やシルエットを作り上げていくこと。

アパレルのモノづくりは分業制。裁断、縫製、特殊(ボタンや穴かがり等をつけて加工する業者)、洗い加工、プレスといったように、仕事が細分化されています。そのため、各作業を統括する生産管理者に任せていると細かいニュアンスが伝わりにくいことも。『FRECKLE』ではスタッフが各現場にできる限り出向いて職人と対話することで、理想の質感やフィット感の実現を目指しています。

ロングスリーブカットソー/8,800円(税込)

「工場からサンプルが上がってきたら、何度も着用して洗濯を繰り返し、製品の変化や縮んだ数値を測定。縫製仕様(洋服を作るための指示)を変えるなどして、サイズ感やシルエットを納得のいく製品ができるまで調整します。実は試作を重ねている間にシーズンが過ぎて来年へ持ち越しすることも多々(笑)また、毎シーズン必ず生産する定番品も、お客様が気付かない程度の微調整を行なっています」と中村さん。写真の無地カットソーも、上品な佇まいと機能性を兼ね備えた一品。サイドの縫い目を無くし、背中の中心で縫製することで着心地を高めるなど、中村さんいわく、“マニアックなこだわり”によって理想の日常着が作り出されます。

コットンリネンオーバーシルエットコート/36,960円、14oz セルビッジデニムジーンズ/23,100円(すべて税込)

写真のコートは腕が動かしやすいよう、袖部分が首周りから斜めに縫い付けてあります。これは、ラグランスリーブと呼ばれるトレンチコートで用いられる意匠を、普段使いしやすい形に落とし込んだもの。装飾と機能が一体となったデザインが特徴です。また、定番のデニムに用いられる生地は、立体的な風合いを出すために今では珍しい旧式力織機で製織されています。このように、素材選びから最後の仕上げまで、一つ一つの工程にまで並々ならぬ熱量が感じられるモノづくりにリピーターが多いのも納得です。

2022年3月に新店舗を柳ケ瀬商店街にオープン

「一宮にあるアトリエとは別に、まちなかでお客さんと直接触れ合える場所がほしかったんです」と中村さん。もともと岐阜市出身ということもあり、いつか柳ケ瀬商店街で店を出したいと思っていたそうです。

白を基調とした奥行のある店内には、カットソーやシャツ、ワンピース、デニムパンツなどのアイテムがセンス良く配され、ゆったりと買い物を楽しめます。

ハンディポーチ/3,300円(税込)

そのほか、中村さんが実際に使って魅力を感じたアイテムもセレクトされています。写真は、東京のバッグブランド『atelier PENELOPE(アトリエペネロープ)』の帆布ポーチ。流行に左右されないシンプルなデザインで使いやすそうですね。

店舗の場所は、老舗の喫茶店『コメディアン』やアパレルショップ『BLUE BLUE GIFU』などが並ぶロイヤル劇場ビルの1階。周囲にもたくさんの飲食店やショップがありますので、柳ケ瀬商店街を散策がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、現在販売スタッフを募集されているそうですので、モノづくりやファッションに興味がある方は、FRECKLEのWEBサイトなどより店舗にお問い合わせください。

 

FRECKLEの基本情報

住所岐阜市日ノ出町1-20 ロイヤル劇場ビル 1F
営業時間11:00~16:00
定休日不定休
※最新の情報はWEBサイトまたはSNSをご覧ください
WEBhttps://www.freckle.jp/
Instagram@freckle_sp
Twitter@natuudo

SNS SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • HatenaBookmark
aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号