地元民に愛され続ける『東亭食堂』(岐阜市)

※掲載情報は2021年11月16日時点のものです。

今回訪れたのは、明治中期に創業し、今も変わらぬ味を守り続けている『東亭食堂』。地元の人たちに愛され、観光客も訪れるという老舗マニア垂涎の名店です!

脈々と受け継がれてきた老舗大衆食堂

岐阜市今町。金華山の麓に広がる岐阜公園や、乾漆仏としては日本一の大きさを誇る岐阜大仏が拝める正法寺などの観光名所から程近い場所に『東亭食堂』はあります。「大衆食堂」と大きく書かれた青い暖簾が目印です。

 

暖簾をくぐって2階へ。扉を開けると、老舗食堂のイメージをそのまま形にしたような、こぢんまりとした店内。懐かしさを覚えると同時になんだかワクワクさせられます。

 

カツ丼や親子丼などの丼物、中華そばやカレーうどんなどの麺類を中心としたお品書きがずらりと壁にかけられています。「常連さんの要望を聞いたり、こんなのあったらいいなを繰り返していたら、どんどんメニューが増えてしまって…(笑)」と話してくれたのは店主の村井行雄さん。たくさんのメニューから選べるのはありがたい限りです。

シンプルながら奥深い味わいの定番メニュー

カツ丼/630円(税込)

迷った挙句に注文したのは、お店の看板メニューともいえる「カツ丼」と「中華そば」。老舗の味を存分に楽しめそうな2品をチョイスしました。どちらもとてもリーズナブルな価格です。

まずは、ボリューム満点の「カツ丼」から。とんかつを卵でとじた王道スタイルのカツ丼です。サクサク感を残した揚げたてのかつと、トロトロの卵、甘めのタレが染み込んだ白飯を一緒に口の中へ。その美味しさといったらもう!たっぷりの刻み海苔と長ネギが良いアクセントになっています。

 

中華そば/430円(税込)

続いて「中華そば」。これまた映画や漫画に出てきそうな昔ながらの中華そばです。少しちぢれた麺に、よく絡む濃いめのスープ。継ぎ足し続けているという醤油スープに、煮干し、むろ節、利尻昆布でとっただしがしっかり効いています。シンプルながら奥深い味わいに、「結局こういうのが一番なんだよね」と、再認識させられました。

心もからだも満腹にしてくれる、店主のこだわり

村井さんはこの店の4代目。20代で店に入り、120年以上続く店の味を守り続けてきました。出来立て熱々の美味しさを提供することにこだわり、一つひとつのメニューに手間を惜しみません。

近年、お客さんがどんどん小食になってきていると村井さんは感じているそうです。数十年前は、丼ぶりと麺類を一緒に注文する人が多くいたとか。食生活やライフスタイルの変化からなのでしょうか。でもやっぱり、お値打ちにお腹いっぱい食べられて、元気をもらえるのも大衆食堂の魅力のひとつ。『東亭食堂』にお越しの際は、お腹いっぱい召し上がってください!

 

 

東亭食堂の基本情報

住所岐阜市今町3-18
営業時間平日12:00~LO14:00、17:00~LO19:30
土曜11:00~LO14:00、17:00~LO19:30
※祝日の場合は昼のみ営業
定休日日曜
TEL058-263-3079
駐車場4台

SNS SHARE
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • HatenaBookmark
aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号