『ツバメヤ』で秋の旬、栗きんとんが販売開始!(岐阜市)

ツバメヤ 栗きんとん2

令和2年8月に柳ケ瀬商店街の中で移転リニューアルオープンした和菓子屋『ツバメヤ』。毎年人気の栗きんとんの販売が始まったと聞きつけ、お邪魔してきました♪

全国的に人気の和菓子屋『ツバメヤ』

岐阜だけでなく、全国にもファンを持つ人気店『ツバメヤ』。「大地のどらやき」や「ツバメわらび」が有名ですよね♪

ツバメヤのツバメわらび

特にツバメわらびは、驚きのふわふわの食感に虜になる方も多いはず。そんなツバメヤで、秋限定の「栗きんとん」が発売されました!

午前中で売り切れも!? 1つからでも購入できます

ツバメヤ 栗きんとん店頭
栗きんとん/270円、栗きんとん 詰め合わせ(6個入)/1,840円(すべて税込)

店内に入ると早速店頭に並んでいます。そして来店される方はみんな栗きんとんを購入されている様子…!期待が高まります。栗きんとんは1つから購入ができ、6個入りの箱詰めもあります。今年初登場の箱詰めは、手土産にちょうどいいサイズ感と可愛らしいパッケージが嬉しいですね♪

ツバメヤ 松口さん

「今年は店舗を移転し、設備が充実して人手も増えたのでたくさん作れるようになり、箱詰め商品が販売できたり、期間も昨年より長く販売できたりするようになりました。多くのお客様に栗きんとんを楽しんでいただけると嬉しいです」とお話ししてくださったのは、店長の松口さん。昨年よりも数を増やして製造しているそうですが、それでも午前中に売り切れてしまうことも…!

こだわりの製法で仕上げる栗きんとん

ツバメヤ 練る

特別に作り方を見せてもらいました!

和栗を蒸して粗ごししたら、少量の粗糖を加えて火にかけながら練ります。ほろっとした食感にするために、水分を飛ばしすぎず、かつ残しすぎずの加減が大切なのだそう。何分練ればいい、というレシピはなく、作り手の感覚が頼りというから驚きです。

 

そして、茶巾できゅっとしぼると、可愛らしい栗の形に!すべての工程が丁寧な手作業で行われています。

 

ツバメヤ 栗きんとんずらり採れたての和栗と少量の粗糖のみで作られた栗きんとんはしっとりしつつも、ホクホクした食感。栗の粒感もしっかり感じられるので、栗本来の味わいが直に感じられます。

 

ツバメヤの栗きんとんは大振りなので、一つだけでも満足感が得られるのも嬉しいところ。でも、いくつでも食べたくなります!(笑)

 

ツバメヤ 外観栗きんとんの販売期間は、12月初め頃まで。無くなり次第終了だそう。皆さんもぜひ、ツバメヤの栗きんとんで秋を感じてみてくださいね。

パッケージにも注目

ツバメヤ パッケージ

栗きんとんの掛け紙のデザインと印刷は、aunを発行している「西濃印刷株式会社」が担当させていただきました。

イラストと題字は全国で人気のイラストレーターの松尾ミユキさんによるもの。弊社は主に全体のレイアウトや配色について関わらせていただきました。手ざわりのある紙や特注で練ったインクを使った印刷にもこだわっています。

 

『ツバメヤ 柳ヶ瀬本店』の基本情報

住所岐阜市神田町4-13
営業時間9:00~20:00
定休日月曜
TEL058-265-1278
WEBhttp://tsubame-ya.jp/
Instagram@tsubameya0828
Twitter@tsubameya0828

▶『ツバメヤ柳ヶ瀬本店』の掲載記事はこちら

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号