ふくべ窯

ふくべ窯の美濃焼

「精炻器(せいせっき)」の魅力を 伝えていきたい。
磁器でも陶器でもない、珍しいやきもの「精炻器」。「ほかにはない、ゆったりとした雰囲気に惹かれたんです」と『ふくべ窯』の劔雅明さんと真澄さんは話す。
ふくべ窯の美濃焼
精炻器は、美濃地方で採れる黄土を活用しようと昭和初期に誕生。素焼き前の生乾きの生地に化粧土で加飾を施すのが特徴で、焼成後にひび割れを起こさないようにするために、生地が乾かないうちに素早く絵付けすることが重要だ。
ふくべ窯の絵付け
劔さん夫妻は有志の団体「精炻器研究会」に所属し、その独自の技術を習得。オリジナルを含む何色もの化粧土を巧みに使い、花や小鳥をモチーフにした愛らしい絵柄を息の合った作業で描き上げる。ぽってりとした立体感のある絵柄と、素地のベージュに馴染む柔らかな色遣い。華やかさの中に、ほっとするような温もりが宿る。

基本情報

SNS
その他備考 【買えるところ】
https://fukubepottery.stores.jp/
掲載した情報は2020年12月25日現在のものです。
aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号