奈良屋本店

ならやほんてん

ひとつひとつ、丁寧に。老舗に伝わる手づくり銘菓。
創業180年余を数える老舗和菓子屋『奈良屋本店』。扉をカラカラと開くと、店番の友子さんが「寒くなりましたねぇ」と、にこやかに迎えてくれる。
ショーケースには季節の生菓子をはじめ、さまざまな和菓子が並ぶ。看板商品は「都鳥」と「雪たる満」。薄い和紙の包みを開くと、頼りないほどに軽く、ちょこんとこちらを見つめる小さな鳥が現れる。もうひとつは、狸のようにまんまるお腹の雪だるま。どちらも口に含むとふわりと溶ける、真っ白なメレンゲ菓子だ。

明治19年に三代目の山田留次郎氏が考案。当初は「雪たる満」だけだったが、明治天皇銀婚式に祝いの品として献上した際、お気に召された昭憲皇太后から「鳥の形にしてみては」とのお言葉があり、「都鳥」が誕生したという。

奈良屋本店の店主
現在、伝統の技を受け継ぐのは六代目の青木利博さん。もとはアパレル業界に身を置いていたが、妻の友子さんの実家の生業を継ぎ、和菓子職人の道へ。五代目に教わった製法を頑なに守り続ける。

「うちは長年馴染みのお客さんばかりだからね。味が変わるとすぐに分かる。だから、計量も道具も作り方も昔のまんま。なんにも変えたりしないね」。
「都鳥」も「雪たる満」も、材料は卵白とザラメ糖のみ。専用の機械で数時間撹拌し、出来上がったメレンゲを袋に入れて一つひとつ手絞りで成形する。一旦作業が始まると、ほぼ休みなし。利博さんは約4時間、ひたすら絞り続け、一気に3000個を仕上げる。それを年代物の番重に並べて2日間乾燥させた後、熱した鉄の棒で目を焼き付ける。
奈良屋本店の都鳥と雪たる満
その愛らしい姿と優しい甘さで人々を魅了する岐阜の銘菓代々店主たちが守り続けてきた素朴な味わいは、明治の頃からずっと変わらない。

基本情報

住所 岐阜市今小町18
TEL 058-262-0067
営業時間 9:00~18:30
定休日 日曜・第3土曜
URL http://www.naraya-honten.com/
掲載した情報は2010年12月3時点のものです。
aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号