珈琲茶館

左岸

さがん
左岸_店内

日常を離れて、ゆったりと過ごす時間を
洒落た看板が掲げられた白壁の塀。その門を抜けて庭園の脇を進むと、築130年余の木造家屋を改装したカフェ『左岸』が現れる。
左岸スタッフ
オーナーの桑原典子さんは27歳のとき、友人を介して知り合った鑛司さんから熱烈なアプローチを受けて、結婚。岐阜で6代続く老舗料亭「大はま屋」に嫁ぎ、店を手伝いながら、2人の子どもを愛情深く育てた。結婚13年目に料亭は閉店。翌年の平成元年に、帳場や女中部屋があった建物内を改装してカフェをオープンした。店の名前は、鑛司さんがフランス留学中に過ごしたセーヌ川の“左岸”にちなんで付けられている。
左岸_自家製ケーキ
そのカフェは建物の落ち着いた佇まいや自家製ケーキが評判を呼び、多くの客に親しまれている場所となった。だが、典子さんには気がかりがあった。西側に立つ、宴会場として賓客を迎えていた家屋のことだ。使われぬまま四半世紀が過ぎ、雨漏りがするほど老朽化していた。決断のために残された時間はない。ついに昨年、店を休業し、工事を決行。1年間の改修を終え、見事に息を吹き返した建物でカフェを再開した。店内には自身が製作するアクセサリーや、ジュエリーブランドを立ち上げている息子の悠さんの作品が並ぶギャラリースペースも設けられている。
左岸
大きな窓から、手入れの行き届いた庭園の緑が望める。「いつ見ても、木陰の光の具合がきれいだって思うの。この建物も130年経っていても、こんな風に残っているってすごいこと。日本建築っていいわね」。ここにいると落ち着くの、と心の底から嬉しそうにほほ笑む典子さん。
左岸
カウンターに使われている松は年輪がその歴史を物語り、欄間には「月と雲」があしらわれている。そんな風にこの空間を構成する一つひとつが、実に美しく、重みを持つ。だからこそ、このカフェでは丁寧に入れられた珈琲を片手に、穏やかに流れる時間を過ごしたくなる。

基本情報

住所 岐阜市松屋町1
TEL 058-262-0351
営業時間 10:30〜18:00
定休日 日・月曜
駐車場 14台
掲載した情報は2016年9月14日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun76号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年3月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun76号