マエジマ製パン

店主夫妻

昨日より今日、今日より明日、 もっと美味しいパンに
その小さなパン屋には、客足が絶えない。棚にぎっしりと並んだ惣菜パン、デニッシュにバゲット。誰もがトレイを片手に嬉しそうな笑みをこぼし、大きな紙袋を抱えて帰っていく。
マエジマ製パン_焼き立てのパン
店主の前島和也さんは毎朝3時に起き、約80種類のパンを夕方まで焼き続ける。作業はいつも半袖に短パン。「自分が暑い時は、生地も暑がってる。だから熱を抜いてあげないと」。肌で気温や湿度を感じ、常に五感を研ぎすませ、生地の状態を整える。客の印象に残るパン。ほかとは“何か”が違う、余韻のあるパンが理想。「辛い時でも、食べると幸せになれるようなパンがいい」。
実は前島さんには苦い経験がある。最初に七宗町で開いたパン屋『アンソレイユ』はハード系が中心で、山里の土地柄に馴染まなかった。1日の客は僅か20人ほど。将来が見通せず、一念発起して可児市に移転。パンと一緒に自分たちのことも知ってもらいたい、親しみやすいまちのパン屋でありたいと、『マエジマ製パン』の名で再スタートを切った。それから7年。店は多くの人に愛され、連日盛況。押すに押されぬ人気店となったが、過去の経験を胸に刻み、決して慢心することはない。「今より美味しいものが必ずある」と、高みを目指し、日々誠実にパンを作り続けている。

基本情報

住所 可児市今渡2499-7
TEL 0574-62-8408
営業時間 10:00~19:00(売切れ次第終了)
定休日 日・月曜
駐車場 15台 
SNS
掲載した情報は2016年3月11日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号