焼肉

大翔

だいしょう
大翔のキムチ鍋

現地で追求した本場の味を届ける
「よう食べてお腹いっぱい。ご馳走様!」「ホルモン、うまかったよ」。お腹を満たした客が、焼肉屋『大翔』から笑顔で家路につく。
もともと車の販売や修理の仕事をしていた吉田佳弘さん。趣味で始めたバーベキューにのめり込み、食材やレシピを突き詰め、平成4年には好きが高じて、ついに妻の敬子さんとこの店を始めるに至った。
「食べ歩きがとにかく好きなんですよ。評判を聞いたらどこへでも行きます」。美味しい店には通い詰めて味を覚え、時には店主に直接秘訣を聞き、自らの店の料理に活かした。
中でも最もこだわったのがキムチだ。初めて韓国を訪れて食べたキムチの、辛さの中にある自然な甘みと深い旨み。佳弘さんはその味に衝撃を受け、どうにか再現しようと奮闘。だが理想の味には程遠く、ならばその理由を明らかにしたいと何度も韓国へと通った。必死に覚えた韓国語とジェスチャーで現地の料理人に教えを請い、白菜にふる塩の加減や乳酸発酵させる時間など、本場の調理法をつぶさに学んだ。さらに、現地の農家と交渉し、韓国産唐辛子も調達。試作を重ね、やっと思い描くキムチに辿り着いた頃には、60回以上も韓国に足を運んでいた。
その自慢のキムチを使ったメニューが、ほとんどのグループ客が注文する「キムチ鍋」だ。韓国ではプデチゲと呼ばれ、白菜や豚肉のほか、チョリソーやスパムなどの洋風食材もたっぷり入る。じっくり煮込むと、程よい辛さのスープとすべての具材の旨みが絶妙に調和する。

基本情報

住所 各務原市那加新加納町2307-1
TEL 058-371-3523
営業時間 17:30~24:00(LO23:30)※土日祝は17:00~
定休日 木曜
駐車場 24台
掲載した情報は2019年9月9日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号