かもす食堂

かもす食堂ランチ

公園に新しい魅力をプラスして人が集まる場所へと再生。
各務原市にある都市公園「学びの森」。芝生広場や大小の池、並木道などを備えたこの場所は、毎年11月3日に催されている「マーケット日和」の会場として知られている。
KAKAMIGAHARA STAND外観
「イベントの日以外にも普段から人が利用したくなる価値を生み出したかったんです」。そう話すのは、まちの魅力の発信やまちを楽しむきっかけの創出をテーマにイベント運営や地域連携事業を展開する一般社団法人「かかみがはら暮らし委員会」の代表理事、長縄尚史さん。
平成28年、公園内にもともとあった喫茶店を、暮らし委員会のメンバーたちとスタンド式カフェ『KAKAMIGAHARA STAND』へとリノベーション。すると、カフェを目当てに訪れる親子連れが公園を行き交うようになるなど、少しずつ変化が現れた。さらに、次なる展開として公園に隣接する場所にあった築54年の空き家に注目。
「畳や縁側があって、垣根を切ったら公園が一望できて。ここだ、と思いました」。『かもす食堂』として改装し、昨年10月にオープン。日常的に利用してもらえるようにと、丁寧に取っただしや、全国から取り寄せる調味料を使った“ひと手間かけた普通のごはん”は、しみじみ美味しいと近隣のお年寄りにも評判だ。
そのほか、カフェでは“寄り合い”と呼ばれる交流会、食堂では食にまつわる講座を開催し、人と人との交流拠点としての役割も果たす。訪れた人は公園を眺めて食事をしたり、飲み物を買って芝生で休んだり、交流会でまちを面白くしたい仲間と意見を交換したり。公園の来園者や滞在時間の増加はもちろん、訪れた人と住民との繋がりまでも生み出した。
行政との連携も助けになったと長縄さんは言う。市のDIY型空き家リノベーション事業を利用することで、地域の人に解体に参加してもらったり、開店時に近隣住民へ声かけをしてもらったり。長縄さんら民間が“公共の場を面白くしたい”と企画し、それを市が承諾し支える。これにより、地域を巻き込んだ動きにまで発展し、 “緑豊かな公園”は、“まちを楽しむ人が集まる公園”へと役割を変えた。
「まちで楽しみたいと思う人が集まり、増えていけば、各務原市はもっと面白くなると思います」。まだまだ眠っている、このまちの面白さ。次にそれを見出すのは、あなたかもしれない。

基本情報

住所 各務原市那加桜町3-202-2
TEL 080-3453-8917
営業時間 11:00~LO14:00
定休日 木曜
駐車場 あり(3時間無料)
URL https://kamosu.space/
SNS
その他備考 【KAKAMIGAHARA STAND(かかみがはらスタンド)】
住所:各務原市那加雲雀町10-4
TEL:058-389-8979
営業時間:10:00~19:00(LO18:30)
定休日:木曜
https://kakamigaharastand.com/
掲載した情報は2019年3月12日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun76号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年3月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun76号