はしもと農園

はしもと農園トマトジュース

ここにしかない味を追求したミニトマトの美味しさを。
パリッとした食感と豊かな甘みが特長のミニトマト「あかね」。全国的にまだ広く流通していない品種だが、その豊満な味わいは口コミで評判となり、『はしもと農園』の直売所には大勢の人が訪れる。
はしもと農園橋本さん
代表の橋本涼さんは、名城大学大学院農学研究科在学中に農業先進国オランダの農業に興味を持ち1年間留学。「オランダでは、コンピュータを活用し、ハウス内の温度、湿度、CO2濃度などの環境制御を徹底することで収量を安定させます。これが日本で広まれば農業はもっと面白くなると思ったんです」。大学院修了後、農業資材メーカーやミニトマト農家で経験を積み、平成26年に就農。ミニトマトの栽培をスタートした。
はしもと農園のハウス
ハウスに入って、まず驚くのが明るさだ。天井は高さ6mと通常のハウスの約3倍で、換気効率や採光性に優れる。広々とした空間にはBGMがかけられ、心地良い空気が流れている。「光を多く取り入れることで光合成能力が促進され、甘い実がなるんです」。あかねは平均10度以上という高糖度が魅力。しかし、果皮がデリケートなため少しの接触で裂果し、秀品率の低さから育てる人は少ない。「でも、美味しさは唯一無二」。そこで裂果してしまった規格外品を廃棄するのはもったいないという声もあり、生まれたのがミニトマトジュースだ。
はしもと農園トマトジュース
果実の味わいを生かすため、完熟したものだけを使ってじっくり煮詰めたジュースは、保存料不使用。とろりとしたのど越しと、まさにトマトそのものの雑味のない透んだ甘さに驚く。「"はしもと農園"という名前で選んでもらえるものを作っていきたいんです」。新進気鋭の若手農家の活躍から、目が離せない。

基本情報

住所 各務原市前渡東町5-179
営業時間 9~6月の平日10:00~16:00
駐車場 20台
SNS
その他備考 【購入方法】
ハウス併設直売所、はしもとアイスストア、アクティブG内はしもとパーラーにて販売
掲載した情報は2020年9月25日現在のものです。
aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号