はながら

はながら外観

のどかな田園風景に建つ一軒の平屋。玄関先にある10坪程の土間スペースで、昨秋から月に一日だけのドライフラワー専門店『はながら』を開く澤田佐和子さん。
はながらの店内と店主
「華やかな生花も大好きだけど、ドライフラワーならではのくすんだ色合いやアンティークな雰囲気がかわいいなって思うんです」。

OL時代からフラワーアレンジメントの勉強を始め、花屋で働いて講師の資格を取得。結婚後は家事や育児の傍ら、ウエディングブーケのオーダーを受けてきた。心地よい暮らしを求め、写真家でもある夫の尚正さんとこの地に家を新築。畑を耕して無農薬野菜を育て、冬は薪ストーブで暖を取る。

店を開くきっかけになったのは、家の中に何気なく飾ったドライフラワーがあまりに素敵だったこと。生花の知識を基に色々な花で試作を繰り返すと、その仕上がりは友人の間で評判になった。
はながらのドライフラワーリース
天然木や火山灰の壁を使い、天井を高くしたこの家は、偶然にも花を乾燥させるのに最高な条件。自然のまま吊るしてゆっくり水分を抜く。人気のアジサイやユーカリ、愛らしいミニバラもあるけれど、近くの野山で採ってきた素朴な実やつるが、一番のお気に入り。「ただ一輪をガラス瓶に挿すだけでも、束にして机におくだけでもいいんです。好きなお花をお家で気軽に飾ってほしいですね」。

基本情報

住所 山県市東深瀬2568-1
TEL 080-2624-5457
営業時間 毎月第1日曜のみ営業
10:00~日没
駐車場 あり
URL https://hanagaraya.exblog.jp/
SNS
掲載した情報は2012年3月4日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号