green & flower

puhara

プハラ
プハラのフラワーアレンジメント

贈る人の気持ちに寄り添う花を
長良川右岸に今年5月にオープンした「&n」。材木倉庫を改装し、居酒屋やバー、家具屋などが入居する建物の2階に、およそ花屋らしくない花屋『puhara』はある。
店に並ぶのは鉢物のグリーンやドライフラワー。生花は見当たらず、代わりに蝶の標本や貝殻、人体模型までもが紛れている。「なんか好きなものが自然と集まって。お客様がこういうの好きでしょ、って持ってきてくれたりもして」と笑う堤晶さん。
彼女は以前、大垣市や岐阜市で数軒の花屋に勤めていた。通常、多くのストックを抱える花屋では、仕入れた花が売れないとロスが生じる。もちろん、ピークを過ぎた花を売ることはできない。でも、捨ててしまうのが辛かった。そこで独立した彼女が選んだのが、生花の在庫を持たず、アレンジメントや花束などはすべて事前に予約を受けるオーダーメイド制の花屋というスタイルだった。
プハラの窓際
「花屋の仕事って、葉の処理とか水揚げとか、実は8割が地味(笑)。でも意外とそこが好きなんですよね。花がシャキってするのが」。彼女が手を入れた花々は新鮮なまま、いきいきと呼吸し、のびやかに咲く。
時には、花を贈ろう。相手を想うその気持ちに、彼女は植物への深い愛情と自由な発想で応えてくれる。

基本情報

住所 岐阜市長良45-1 &n 2F
TEL 058-260-6636
営業時間 13:00~19:00
定休日 木曜
駐車場 あり
URL https://puhara.exblog.jp/
SNS
掲載した情報は2019年9月9日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号