annon tea house

アンノンティーハウス
アンノンティーハウス

通いたくなる安らぎの紅茶専門店
世界中にファンを持つスリランカ有数のティーブランド「ムレスナ社」の紅茶だけを扱う『annon tea house』。
アンノンティーハウスのミルクティー
昨年末、ついに店を構えた西願将也さんの経歴は波乱万丈。大手子供服メーカーの営業職を経験した後、1年間、海外を放浪。中国の雲南省で卓を囲んで茶を飲む楽しさに目覚め、チベットからネパール、インド、スリランカへ茶をめぐる旅を続けた。中国茶、ミルクティー、バター茶、チャイに紅茶。知れば知るほど、「茶」の魅力に惹かれていった。途中、体調を崩して滞在したスリランカのホテルで飲んだミルクティー。その美味しさは今も忘れない。
アンノンティーハウス店主
帰国後、醤油醸造メーカーでブランド醤油のブランディングや醤油スイーツの開発を手掛け、岐阜県産品のブランド戦略事業にも携わった。「でも、ずっとお茶が好きだったんですよね。30歳で覚悟を決め、やはり『茶』を生業にしようと決心したんです」。
アンノンティーハウスのムレスナティーティーバッグ
国内で販売されている紅茶を片っ端から飲み、ようやく出会った「ムレスナティー」。白桃、ナッツ、キャラメル、ベリーにジャスミン…。香り高いフレーバーティーは、湯を注いだ瞬間にふわりと匂い立つ。渋みや苦味もなく、何杯でも飲める。紅茶が苦手だった妻が「これ、美味しいね」。その一言が決め手となった。
アンノンティーハウス
すぐさま西宮の本店を訪れ、日本にムレスナティーの存在を広めたディヴィッド社長に直談判。熱意が認められ、紹介された滋賀のティーハウスで修行しながら、1年かけて店のオープンへと漕ぎつけた。
アンノンティーハウスの暖簾
紅茶はストレート、ミルク、チャイなどを選ぶと、いずれも3杯分が味わえるスタイル。天候や客の表情、好みなどを考慮して1杯ごとに茶葉を変え、丁寧に淹れられた紅茶に心が安らぐ。ときに饒舌に、茶園や茶葉、フレーバーについて語る西願さんは、まさに「茶」に魅せられた伝道師。ここから岐阜のまちに、「紅茶文化」は着実に広がっていくことだろう。

基本情報

住所 岐阜市泉町6
TEL 058-266-7218
営業時間 11:30〜19:00
定休日 月曜
URL http://annontea.com/
SNS
掲載した情報は2013年3月14日時点のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun77号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年9月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun77号