古書と古本

徒然舎

徒然舎本棚

まちを歩くと、店先に日焼けした雑誌や書籍が並ぶ古本屋が1軒や2軒は見当たる。そんな景色が当たり前だったのはひと昔、いや、ふた昔も前のことだろうか。大型新古書店が増え、利用者のニーズも変化して、岐阜のまちから昔ながらの古本屋が次々と姿を消している。
そんな現状を肌身で感じながら、あえてこの時代に殿町で小さな古本屋をオープンさせた女性がいる。小柄な体で、力仕事もてきぱきとこなす「徒然舎」の深谷由布さんだ。

徒然舎店主
京都で過ごした学生時代、まちにはいくつもの古本屋があった。硬貨ひとつで本を買い、鴨川の河原や京都御苑の木陰で紐解いた。「お金もそれほどかからない。本はなんて素敵な娯楽なんだろう、と思っていました」。書店でアルバイトをして、大学で司書の勉強、やがて岐阜の出版社に就職。彼女の身近にはいつも本があった。平成20年にインターネット通販専門の古本屋をスタート。そして今春、ついに小さな根城を構えた。

徒然舎内観
毎週、名古屋で開かれる古書の市場へ仕入れに出かける。加入している古書籍商組合の諸先輩は、すでに60歳、70歳を数えるベテランぞろい。その中に混ざり、ひと山いくら、の競りに参加する。「紙に上値、下値を記入して、封筒に入札するんです。最初は全く相場が分からなくて、見当違いの値段を書いたりしましたね」と笑う深谷さん。現場で先輩たちに学びながら、古本屋としての作法を身に付けてきた。
徒然舎外観
目指すのは『まちの古本屋』。気軽に立ち寄り、ずらりと並んだ背表紙をじっくりと吟味して、欲しい一冊を探す。あるいは、思いがけない本と出逢える。そんな場所でありたいと願いながら、深谷さんは今日も店の扉を開ける。

基本情報

住所 岐阜市美殿町40 矢沢ビル1階
TEL 058-214-7243
営業時間 11:00~19:00
定休日 火・水曜
駐車場 あり
URL https://tsurezuresha.net/
SNS
掲載した情報は2011年09月15日現在のものです。

PICK UPおすすめ記事

aun78号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年12月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun78号