白鳥

しろとり
白鳥_阿弥陀ヶ滝

大自然に育まれた文化と歴史を辿り、 白鳥の新たな魅力に出会う
郡上八幡から北へと車を走らせ、約30分で辿り着く白鳥町。青々とした木々が茂る山に囲まれ、清流長良川が流れる自然豊かな場所だ。白山信仰の拠点として栄えたこの地には、今も社寺や遺跡、古道などが残る。
今から1300年前の717年(養老元年)、奈良時代の高僧・泰澄大師が開山した白山。参詣道「美濃禅定道」には”上り千人、下り千人“といわれるほど多くの参拝客が行き交った。深緑の中、空気を震わすかのような水音を響かせる名瀑・阿弥陀ヶ滝も、白山信仰の霊場の一つ。間近で眺めると、心が洗われるかのような清々しい気持ちになる。古の姿を留める白山中居神社や長滝白山神社は、神聖な気配に満ち、訪れる人々を厳かに迎えてくれる。
白鳥_長滝白山神社0105
また、最近は、豊かな自然が肌で感じられるアウトドアパークや、「白鳥の良さをもっと多くの人に伝えたい」と、熱意を持って営まれるカフェやバルなど、旅の途中にぜひとも立ち寄りたい新たなスポットも増えている。
大自然の息吹を感じ、古くからの文化や歴史、そして町の新しい魅力に触れることができる白鳥町へ。さあ、出掛けよう。

基本情報

URL http://shirotori-gujo.com/

PICK UPおすすめ記事

aun76号
もっと知りたい、岐阜のこと。aun

2020年3月25日発行(年4回発行)
配布場所の情報はこちら

aun76号